飼料等薬物検査

薬物陽性事例の原因究明及び陽性馬発生予防のために、競走馬に使用される飼料、飼料添加物、医薬品、健康食品等に禁止薬物が含まれているか否かの検査を行っています。

飼料等薬物検査のご依頼について

(公財)競走馬理化学研究所は、日本中央競馬会(JRA)が2019年7月9日付で公表した“飼料添加物への禁止薬物混入に係わる調査結果と改善策について”に応じ、当面の間、飼料等薬物検査を以下により実施しますのでお知らせします。

  • 飼料等薬物検査の申請情報及び結果情報をJRAと共有し、薬物検査申請内容に疑義がある場合は申請者に確認するとともに確認内容をJRAと共有します。
  • 検査期間短縮の観点に基づくJRAからの依頼に応じ、サプリメント・配合飼料はカテゴリーBでの検査を推奨します。
  • 検査期間※は、カテゴリーAで概ね40日間を、カテゴリーBで概ね14日間を、それぞれ目途として行います。ただし、陽性が疑われた場合や多数の依頼が集中した場合、またその他の事情により、検査期間が延長する可能性があります。
    ※検査依頼書及び検査材料が届いてから結果を連絡するまでの期間。

以上

皆様方のご理解とご協力をお願いします。